声優としての成長期台本にその他と書かれた端役などをこなして経験を積み

声優になって成功することは大きく違う

例えばテレビアニメの場合、ジュニアと呼ばれる若手声優でギャラは5000円ほど(ここから事務所の手数料が引かれる)。拘束緒5時間ですから時給3000円一見割のいい仕事です。ただ、毎日仕事がある人はまずいません。月収で考えると到底生活できるレベルではなく、残念ながらアルバイトは必須です。隻の単価は人気とは比例しないので、稼ぎを増やす確実な方法はとにかく仕事を多くこなすことです。

俳優目指して頑張ってます


テレビ局のCM売り上げの7割がスポットです

>テレビ幼稚園となったロンパールーム50年代ボルチモアローカル-やセサミストリートオーディションPBS系が有名ですなお、単価はキャリアを積めば上がっていきます。しかし、単価が上がると予算の関係から「使いづらい」と敬遠され隻が減ることもあります。声優がどう稼いでいくかは、なかなか難しい問題ですそのほかの仕事のギャラは、本当に”ピンキリ。たいていの場合、時給や日給に換算すればそう悪くはありませんが、やはり仕事の頻度が重要です。声優という職業は、頻繁に、定期的に仕事がなければ、収入面での”旨み“はありません。


テレビの創設当初からありました

テレビ朝日の風の博物誌96

テレビ局という私企業が自分の電波で独占して莫大な広告収入を得ることには大きな問題がありますなお、NHK総合は、報道番組20%以上、教育番組10%以上、教養番組20%以上、娯楽番組20%以上、という比率を厳格に守っているようです。わざわざこのような規定があることからも逆にわかるように、商業放送である民放テレビ局は視聴率も取れず、したがって、スポンサーもつかない報道番組や教育番組、教養番組は本音からすればあまりやりたくはないのです。視聴者にしたところで、NHK教育のような番組など、わざわざ民放で見たいなどとは思っていません。そもそも、報道番組そのものはわずか時間500万円でできるとはいえ、報道取材網をネット局全体で維持するのに、年間40億円もかかっているのです。しかし、実際のところ、日々のニュースは、時事通信社や共同通信社からのファックス配信を記事に起こして絵にしているだけのものも少なくなく、報道局には、新聞社ほどにも調査取材能力はありません。映画をオリジナルとする場合ワイドショーなどの現場取材は、制作局の仕事です。報道局の本来の役割は、じつはまったくちがうところにあるのかもしれません。行政のサジ加減一つでいつでも企業を抹消できる許認可裁量がまかりとおる日本にあって、銀行に「MOF担(財務省担当)」がいるように、報道局は、報道番組を作る以上に、放送行政に関して政治家や官僚から情報を集め、「記者クラブ」で業界の横の連携を図り、テレビ局トップと行政サイドをつなぐ役割を負っています。他の制作部門からすれば、大した番組も担当していないのにやたらと忙しがっている報道部は、いつも何をしているかわからない不気味な存在ですが、自分の番組が不祥事や社会問題を起こしてしまった場合には、その解決のために、この報道部のな裏のツテを頼らなければなりません。スポーツコーナーの秘密法律にあり、強力な行政指導がある以上、民放の放送局は、報道番組をやらないわけにはいきません。


テレビ局は視聴率などに振り回されず

ここにおいて初めて、この物語が、観客も主人公とともに騙されていたサスペンスであったことがわかるのであり、テーマとして、日常の現実感への素朴な信頼を観客に問い直させるホラーとなります。このパターンには、探偵を主人公とする「エンゼルハート」のほか、小児科医を主人公とする「シックスセンス」などがあります。オリジナルストーリーの第四の製作パターンは、テーマ先行で、そのテーマを絵にして見せるためのキャラクターやシチュエーションが要請されてくる、というものです。これが、本来の物語の創造というものでしょう。ここにおいて、そのシチュエーションは、そのテーマに関する反実仮想、つまり、現実とは異なる仮定的想像世界であり、キャラクターは、その反実仮想を引き起こす、もしくは、そこへ連れて行ってくれる特殊な能力を持つ者として設定されます。

テレビ局と売買されたり

映画並みに人物に立体感を出したことですたとえば、大人になる、ということをテーマにする物語では、逆に、大人にならないネランドが舞台となり、そこへ連れて行ってくれるピーターパンが登場することになります。そして、この反実仮想のシチュエーションへの主人公の受動的な漂着が物語のストーリーとなり、ここからの主人公の自発的な帰還が物語のオチとなり、テーマそのものとなります。この反実仮想のひらめきが、テーマのひらめきと表裏、体であり、いかに非現実的なことを思いつくかが、いかに新しいテーマを観客に打ち出すことができるか、ということに直結しています。このパターンは、ファンタジーだけでなく、恋愛もの、アクションもの、ヒューマンドラマ、コメディなど、かなり広く認められます。たとえば、恋愛ものでは、素敵な相手の突然の登場は、主人公を非日常的な恋愛状況へともたらしますが、やがて主人公がみずから決断することになります。