撮影の拘束時間を短縮するために

映画の製作費が300万ドルであったことを考えれば

映像作品として商業的に充分に成り立つものですしかし、高度経済成長期からバブルにかけてこぎれいに地上げされ作り直されていく都会風景や人間関係に比して、このようなテーマはまさに場末の映画館のように捨て去られ忘れ去られていく過去の影のようなものであり、映画産業の斜陽に歯止めをかけることはできませんでした。むしろ、公園やサウナと並んで、場末の映画館はホモたちの「ハッテン場(出会いの場)」となり、「アニキもの」の転用だけでなく、開き直った「ホモ映画も作られるようになります。欧米でも、テレビに押されて映画館の入りが悪化すると、テレビで流せないポルノ映画に力を入れざるをえなくなりました。そんな中で、『エマニエル夫人』は、解放するものとして時代背景にマッチし、多くの女性の観客にも支持され、ロードショー映画館で大ヒットし、大量のエピゴーネン(亜流)を生み出します。これらは、性愛)よりも美的なセンシュアリズム(官能)が重視され、「ソフトポルノ」と呼ばれ、ポルノ映画館のホモ映画とは対極的に、レズシーンが多用されいます。
また、第·作の残りフィルムを使い、第二作と第三作をまとめ撮りすることで、ギャラを抑制し、制作期間を圧縮し、ブルーチップ並みの予算でブロックバスターを仕上げることができる、という意味でも、製作会社はこの手を好みます。たとえば、『スターウォーズ』は、『2(帝国の逆襲)』T3(ジェダイの復讐)』がセットで企画され、『2』は、ハン·ソロが帝国側につかまったまま終わってしまいます。『バック·トゥー·ザ·フューチャー』も、30年前の55年を舞台とする正編の第-作に対し、『PART2』は、30年後の2015年を舞台とし、そのラストに、ブラウン博士が100年前の1885年へ飛ばされてしまう、という予告編が付き、『PART3』では正編の55年とこの1885年がつなげられる、という複雑なスケールアップが使われました。般には続編は後日譚(シークオール)ですが、後から「前日譚(7レクオール)」が語られるということもあります。『新·明日に向かって撃て』や、『スターウォーズ·エピソード1(ファントム·オブ·メナス)』がこの典型です。

撮影できるようになりました
『ゴッドフアーザーPARTⅡ』でも、息子マイケルの後日譚とともに、父ヴィトーの前日譚が対比的に語られました。『猿の惑星』シリーズは、後日譚がそのまま前日譚になる、というのが全体の物語の壮大なオチです。続編ではありませんが、すでに良く知られている物語の人気にあやかった「スピン·オフ·エピソード(外伝)」というセットオフ(派生)も多くあります。『ロビンとマリアン』は『ロビンフッド』の、『アルプスを越えて』は『ハイジ』の後日譚であり、『ヤング·シャーロック·ホームズ(ピラミッドの謎)』は『ホームズ』シリーズの前日譚でした。また、他の物語の脇役を主役にしたスピン·オフもあり、『イウォーク·アドヴェンチャー』は『スターウォーズ』シリーズの、『ローゼンクランツとギルデスターンは死んだ』は、『ハムレット』の脇役ものです。

 

声優の仕事のチャンスがたくさんあればいいけど

テレビカメラで撮ってしまうVシネマと呼ばれる形態がありますが
演技しましょう
ホラー映画がさまざまな恐怖の象徴を駆使するように、さまざまな猥褻の象徴を発明しなければなりません。逆に、2回のベッドシーンが入ってさえいればいい、という理解で、仕事の機会を求めていた気鋭の若手監督たちが、72年からに85年かけて、斜陽の日活=にっかつで二本立て用の「ロマンポルノ」と呼ばれる膨大なポルノ映画の作品群を競作しました。80分前後のBムービー同様の枠の中で、妄想、強姦、SM、監禁、近親、赤線、売春、家出、同棲、不倫、嫉妬、痴漢ひも、レズ、OL、人妻、未亡人、女教師、看護婦、婦人警官、隣のお姉さん、女子大生、女子高生、実の妹、風俗嬢、ストリッパー、に、アクション、コメディ、青春群像、サスペンス、ホラー、お色気、ペーソス、パロディ、ドキュドラマ(実話再現もの)と、その後の風俗イメージ産業の原型となるようなありとあらゆる性的な素材と形式が試みられました。これらは、概して、場違いな、ぶっとんだセリフまわしに特徴があります。出演者もスタッフも少人数であるため、監督の世界観が映画全体を強く支配している仕上がりとなっており、結果として、ポルノらしい扇情性よりも、かえって生の人間ドラマとして、猥雑な日常の中での生活の倦怠と孤独と哀感が深くにじみ出ています。

テレビは字幕が読めるような画質ではなかったのでしかし、高度経済成長期からバブルにかけてこぎれいに地上げされ作り直されていく都会風景や人間関係に比して、このようなテーマはまさに場末の映画館のように捨て去られ忘れ去られていく過去の影のようなものであり、映画産業の斜陽に歯止めをかけることはできませんでした。むしろ、公園やサウナと並んで、場末の映画館はホモたちの「ハッテン場(出会いの場)」となり、「アニキもの」の転用だけでなく、開き直った「ホモ映画も作られるようになります。欧米でも、テレビに押されて映画館の入りが悪化すると、テレビで流せないポルノ映画に力を入れざるをえなくなりました。そんな中で、『エマニエル夫人』は、解放するものとして時代背景にマッチし、多くの女性の観客にも支持され、ロードショー映画館で大ヒットし、大量のエピゴーネン(亜流)を生み出します。これらは、性愛)よりも美的なセンシュアリズム(官能)が重視され、「ソフトポルノ」と呼ばれ、ポルノ映画館のホモ映画とは対極的に、レズシーンが多用されいます。

 

映像化したもので


オーディションには明確な目的があります
できれば、撮影は、フィーチャーでも、移動日やセットアップも入れて2ヶ月程度、実際の撮影は50日以内抑えたいものです。スピルバーグは早撮り低予算で知られ、あの戦争大作の『プライベート·ライアン』でも、わずか60日で撮り終え、製作費も「ブルーチップ」並みの6000万ドルでした方、プロダクション·デザイナーは、コンテを元に、アート·ディレクターにロケハン(ローケーション·ハンティング)をさせたり、セットの設計図を作らせたりするとともに、コンテや設計図からプロダクション·イラストレーターに「カメラ·アングル·プロジェクション(カメラ位置からの投影図)」を起こさせ、必要な作り込み範囲、そして照明やカメラなどの機材を割り出していきます。セットよりロケの方がリアリティがありますが、セットの製作費よりロケの滞在費の方が高くなってしまいます。とはいえ、近年は、ロケが観光や商業の宣伝に有効であることがよく知られるようになり、各地の行政が、撮影のための交通規制やエキストラの動員、さらには本物の警察や州兵の協力など、積極的にロケに協力する体制を整えています。アート·ディレクタがスケッチ·イメージを送ると、各国各地の「映画委員会(フィルム·コミッション)」は、それに当てはまりそうな近隣場所の写真を送り返し、実際の来訪を請い、誘致合戦を繰り広げることになります。

俳優の移動は
ブレイクダウンにせよ、ロケやセットにせよ、すべて映画の品質と予算に跳ね返ってくる問題です。それゆえ、ディレクターやプロダクト·デザイナーとライン·プロデューサーやプロダクト·マネージャーとの間で綿密な打ち合わせが行われます。ときには双方が深刻に対立し、決裂に至ることもありますが、その場合はプロデューサーがディレクターを替えればよいだけのとです。そして、その双方の妥協線において、「ブレイクダウン·ボード(スケジュール、香盤表)」が立てられていきます。これは、撮影シーン(複数カット)ごとの絵コンテと出番や機材を書き出したものであり、実際の撮影作業と予定表と予算表の元となります。