映像や写真などさまざまなデータが関係者から送られてきます

演技とアニメに声をあてる

声優の仕事に直結するため
手塚治虫は、驚異的な精神力で原画作成を乗り切るとともに、制作費の不足を補うため、さまざまな玩具や菓子、その他での商品展開も行いました。けれども、これはアニメにとって悪い前例となりました。アニメは安い、という誤った誤解を生み出し、その後もアニメ制作プロダクションに過重な労働を強い、また、玩具販売の手段としてのアニメ、というような安易な発想の元凶となっていったのです。そもそもアトムは、ミッキーマウスと同様、モノクロを前提としてデザインされた2色の塗り分けで、アニメでもせいぜい白と黒の間にグレー3階調が加えられたモノトーン5色です。ところが、テレビのカラー化は、アニメのセル画の色塗りの手間を悲劇的に増大させてしまいました。

一つには、時代に合わせて作り直すリメイクがあります。たとえば、「めぐり逢い」は、39年のオリジナル以来、何度もリメイクされ、その都度、多くの恋人たちのデート映画となった人気ストーリーです。もう一つには、外国で当たった映画をすぐに別の国で作り直す、という「リメイク」があります。たとえば、フランスで「赤ちゃんに乾杯!」が大ヒットすると、ただちにアメリカで「スリーメン&ベビー」が作られました。「ニキータ」を作り直した「アサシン(暗殺者)」は、カット割りまで同じです。

映画館はともかく

このようなリメイクは、著作権料を払っても自作を配給した方が利益が多い、という、メジャー製作配給会社の都合によるものです。なお、日本では過去の自作を自分でリメイクしている奇妙な老監督もいます。しかし、これはむしろ「リティク」と言うべきかもしれません。「リメイク」において、シチュエーションからを変えると、それはもはや「アダプテーション(翻案)」と呼ばれます。たとえば、「七人の侍」が「荒野の七人」に、「用心棒」が「荒野の用心棒」になるというのは、時代劇から酉部劇へのアダプテーションです。

映画の製作配給の投資資金管理会社


演技の仕事で生活できるようになりたいと必死です「仮面ライダー」は、第二シリーズの主役交代で「2号」となりますが、途中で第二シリーズの物語の世界を第一シリーズとつないでしまったため、第一シリーズの「1号」も第二シリズの話に登場するようになり、やがて主役が二人になってしまいます。そして、子供たちにチームワークの大切さを教えるのだ、という大義名分の下、いっそ主役を増やして関連商品を多く売ってしまえ、ということなのか、「ゴレンジャー」(30分ものテレ朝系全72回)に始まる「ス戦隊シリーズ」(現28代目シリーズ)へと発展していきます。アニメの商業化と無国籍高品質化が有名ですが、じつはさまざまなメディア化が試みられています。雑誌でのマンガ連載(月刊全24回)、テレビでの実写シリーズ(30分ものフジ系全65回)、アニメシリーズ(30分もアニメというと日本では「鉄腕アトム」と、のフジ系全193回)、およそ2000枚のセルを必要とする30分ものアニメを毎週、新たに制作するというのは、ディズニーでもやらなかった無謀なことであり、時間的にも予算的にもかなりの無理がありました。それも、テレビ局が制作費を全面負担するしくみではなく、アメリカ式に自分たちで制作し、放送権だけをテレビ局に売ろうとしたのです。

舞台を拡大するとともに

手塚治虫は、驚異的な精神力で原画作成を乗り切るとともに、制作費の不足を補うため、さまざまな玩具や菓子、その他での商品展開も行いました。けれども、これはアニメにとって悪い前例となりました。アニメは安い、という誤った誤解を生み出し、その後もアニメ制作プロダクションに過重な労働を強い、また、玩具販売の手段としてのアニメ、というような安易な発想の元凶となっていったのです。そもそもアトムは、ミッキーマウスと同様、モノクロを前提としてデザインされた2色の塗り分けで、アニメでもせいぜい白と黒の間にグレー3階調が加えられたモノトーン5色です。ところが、テレビのカラー化は、アニメのセル画の色塗りの手間を悲劇的に増大させてしまいました。

映画の苦悩絵や写真と同様


テレビ時代になればなるほど
スタントパーソンを使わずに、俳優自身がアクションを行う場合も、彼が技術指導と安全管理を行い、撮影開始以前に俳優に過酷なトレーニングを課すこともあります。また、スタント·コーディネイターは、スペシャルエフェクツ·スーパーヴァイザとともに、何度も事前に実験やリハーサルを繰り返し、驚異的なカーチェイスや爆発シーンなどを演出します。一方、ヴィジュアルエフェクツ·スーパーヴァイザーは、どうやっても実写ではできないような過激なアクション効果をCGで作り、実写の中に溶け込ましてしまいます。これらはいずれも周到な計画と長時間の準備が必要であり、クランクインに先立って早々に製作が始められます。クランクインこうして、機材やスタッフと俳優のスケジュールが決まると、いよいよ「クランクイン(和製英語)」です。

映画の宣伝なども少なくありません

昔、手回しカメラのクランク(ハンドル)を執ったことから、日本で撮影開始をこのように言うようになりました。まず、ファースト·アシスタントディレクター(第一助監督)は、ブレイクダウン·ボードに従って、翌日の「ボード(撮影計画)」を清書します。というのも、これは、当日の進み具合によって、つねに変化するからです。とくに、ディレクターらは、昼休みの間に、前日に撮ったフィルムの「ラッシュ(とりあえず現像したもの)」を見ますが、その出来によっては「リテイク(撮り直し)」を決定しなければなりません。また、セカンド·アシスタントディレクター(第二助監督)は、この「ボード」から、翌日の「コール·シート(呼び出し表)」を起こして、撮影終了時にすべてのスタッフと俳優に配ります。