映像作’の資産価値が注目されるようになりました

声優でギャラは5000円ほどここから事務所の手数料が引かれる

演技にしても表現しいので二重カッコをして表現と書きました専門卒業後どこに就職する?30番のコメントに対して、こんなコメントが来ました。『東京じゃないと無理って思ってるから「仕事のない声優」になるのじゃないかと…?』それに対する答えです。たくさんの可能性とたくさんのチャンスの中から、いくつをつかみ取る事が出来るかがステップアップに繋がって行く。オーディションのたびに地方から出てくる事は無理だし、急なオファーにも地方からは応えられない。多くの可能性とチャンスは東京にいて虎視眈々とねらっている強者に真っ先に取られてしまう。
「ドキュメンタリー(取材記録)番組」として、あいかわらず伝統芸のように、これらがいかに良心的とはいえ、いまさらほとんど視聴率が取れないので、NHK以外では、そもそもルポは、取材する側にそれほど力量がなくても、それっぽい素材にカメラを向けて回すだけで、なんとなくそれっぽいスタイルで撮れてしまうものです。とくに弱小制作会社やローカル局は、ドラマを作るほどの資金も能力もないために、このような番組ばかり作っているというのが実情です。そして、ときには、地道な取材でネタを掘り起こすのではなく、衝撃的なネタそのものを手っ取り早くでっちあげてしまおう、という、いわゆる「ヤラセ」を起こしてしまいます。しかし、同じルポでも、もっと視聴者の関心が高い内幕ものが、民放のプライムタイム(19時-23時)で流されています。たとえば、CMタレントなど、特定の業界の最近の事情を1時間もので密着取材というのがはやりです。

テレビ局の社員の巨額使い込み事件として大問題になります
とくに警察ネタは、捜査への協力と称し、こは、日常の報道取材やロケ許可などのために、警察と信頼関係を築いておきたいテレビ局側の事情もあります。身近なスーパーやデパート、温泉旅館、救急病院、改編期のスペシャルとして各局で流されます。これイギリスのBBCなどと並んで、NHKもまた『NHKスペシャル(旧NHK特集)』として、『シルクロード』(80、全12回)のように、民放では考えられないほどの予算と才能を投じ、良質のドキュメンタリー番組の制作に取り組んでいます。民放であっても、テレビ朝日の『風の博物誌』(96、全4回)などは、意欲作として高く評価されました。自然や歴史や文化をテーマにしたこのようなドキュメンタリー番組は、コンテンツとして古びず、かつ、世界を市場にすることができるので再利用価値が高く、また、スポンサーも企業イメージ-アップのために乗りやすいので、良いものを作れば意外に採算がとれます。

 

映画のリール1巻から来ており

映画の可能性には気づかないままだったようです
声優になりたいと東京で
夢を持って、憧れて、地元の仲間と楽しく勉強するなら地元がいいと思う。現実を見て、競争して、切磋琢磨して、プロを目指すなら東京しかあり得ない。でも、やりたい仕事が地元にあるかな?声優の仕事そうかもしれないね。でもね、「実力」だけでは評価されない「人気」商売である声優は、チャンスがなければ声優になることすらできないんだ。地方に「声優の仕事」のチャンスがたくさんあればいいけど、実際は東京にしか仕事はない。

映画をすぐに別の国で作り直す専門卒業後どこに就職する?30番のコメントに対して、こんなコメントが来ました。『東京じゃないと無理って思ってるから「仕事のない声優」になるのじゃないかと…?』それに対する答えです。たくさんの可能性とたくさんのチャンスの中から、いくつをつかみ取る事が出来るかがステップアップに繋がって行く。オーディションのたびに地方から出てくる事は無理だし、急なオファーにも地方からは応えられない。多くの可能性とチャンスは東京にいて虎視眈々とねらっている強者に真っ先に取られてしまう。

 

プロダクション制作会社のプロデューサーを集め


映画がよくかけられていました
制作委託の場合は、局の正社員がエクゼクティヴ·プロデューサーとなり、制作会社のプロデューサーと2重に予算を管理することになります。そして、このしくみで、番組全体は自局制作ながら、部分的なコーナーやビデオは、複数の制作会社への「完パケ(完全パッケージ)」の制作委託ということがよく行われます。アニメなどは、回によって別々の制作会社が同時進行で作ることもあります。現場を仕切るディレクターは、テレビ局の正社員の場合も、制作会社からの派遣の場合もあります。AD(アシスタント·ディレクター)は、般に制作会社または協力会社からの派遣です。

テレビの司令塔とも呼ばれます
彼らは、自局制作や共同制作の場合には、局内に机と電話を持ち、番組の名刺で仕事をしています。制作委託の場合は、制作会社が拠点になります。そして、これにフリーや協力会社の放送作家やブレーンが加ったくらいが、番組の中枢スタッフということになります。それも、デスクとAD以外は専従ではなく、みな複数の番組をそれぞれにかけ持ちです。その他、出演者はもちろん、美術(大道具)も、照明も、カメラも、音響も、ほとんどすべてがそれぞれの専門の協力会社や事務所への外注であり、実際の撮影のときにしか揃いません。