映画不況のなかでも観客を呼べるほどの強烈な個性を持った監督たちが活躍するようになりました

テレビ放送のためだけであれば

レッスンにも来なくなる恋愛離脱が危険あきらめなければ夢はかなうオーディション!次の週末もあまりに入りが悪いと、わずか2週で「打切り」になります。フィルムのレンタル料は、客の入りにかかわらず期間で一定なので、ダメな映画はとっとと返してしまった方がよいのです。しかし、ヒット作の場合、最初に業界側がむりやり作った話題によってではなく、口コミによって一月目あたりで話題が沸騰して客足がぶり返し、リピーターを含め、ロングランになっていく、ということもあります。近年、世界の各地に建設されたシネコン(複合型映画館)は、大小さまざまの規模のホールから構成されており、客が多い場合には、複数の大ホールで時間をずらして上映し、また、客が少ない場合にも、小ホールで上演を続けることができ、観客を逃さずスキミング(すくいとること)できます。また、売店やトイレなども、休憩時間のズレを利用して複数のホールで共通で使えますので、設備的にも経営効率が良いのです。

映画館にしても

実際、高額のフィルムレンタル料などの原価を差し引くと、入場料による利益と飲食物販売による利益とはほぼ同じくらいであり、映画館は映画で人を集めて、売店の売上げで経営を維持している、というのが実態です。テレビの事情テレビの場合こんどは同じ映像ビジネスでも、使いものにならない。テレビ番組の制作現場を見てみましょう。ところが、さて、当初、放送は、無線通信として発明されました。しかし、それはどこでも傍受できてしまい、通信としては機密が保てず、1912年、放送にとって画期的な事件が起こりました。テレビ局そのものが

映画化によって

また、24年にユニヴァーサル社から独立した「コロムビア社」は、フランク·キャプラ監督(のハートウォーム路線でおおいに成功し、またこのころ、ミッキー·マウスの「ディズニー社」、ポパイやベティ·ブープの「フライシャー兄弟社」のようなアニメ専門の映画会社も登場しました。しかし、その他の弱小製作会社のほとんどは、この大不況で淘汰されてしまいます。かくして35年には、0社の5社が“ビッグファイヴ”と呼ばれ、ユニヴァーサル社、コロムビア社、UA社の“リトルスリー”を独占するに至ります。パラマウント社、MGM社、20世紀フォックス社、ワーナーブラザーズ社、RKが追い、これら8社が制作·配給·興行というアメリカの映画ビジネスのほとんど隆盛と憎悪このころ、放送局のネットワーク化も進んでいました。といっても、まだラジオでしたが。

テレビこそが全国各地の国民の心を一つにまとめてきたのです

テレビショッピング
「NBCナショナル·ブロードキャスティング·カンパニー)系」は、もともとRCA社、GE(ゼネラルエレクトリック)社、ウェスティングハウス社が自分たちのラジオ受信機の販売促進のために作ったものであり、かつて12年にタイタニック号沈没を受信したロシア系ユダヤ人の通信技師デヴィット·サーノフ(を社長として、「レッド」と「ブルー」の2つのネットワークを持っていました。これと対抗する形で、その他の放送局が、別のラジオメーカーコロムビア·グラモフォン社を巻き込み、タバコ会社を経営していたロシア系ユダヤ人のウィリアム·ペイリー(を社長として「CBS(コロムビア·ブロードキャスティング·システム)系」を組みます。そして、NBC系が系列局に番組を売ったのに対し、CBS系は系列局にスポンサー付番組を無料で送り込み、形勢を逆転していきました。第二次世界大戦のさなかにあっても、アメリカの映画ビジネスは、ディズニー社の「白雪姫」やMGM社の「風とともに去りぬ」などのオールカラー作品を作り上げ、繁栄の階段を駆け上り、3大ラジオネットワークも、太平洋戦争が始まった41年にテレビの商業放送が認可されると、さっそくにテレビへ進出していきます。しかし、多くの誠実な若者を失ったアメリカにあって、学生兵役免除者がジャズエイジとしてあいかわらずのバカ騒ぎを続ける映画業界やテレビ業界は、一般国民の憎悪の的となり、「パラマウント訴訟」に代表されるように、独占禁止法違反での告発と裁判が繰り広げられることになります。
撮影は屋外で行う場合もあり

映画館へと進化し

その目的にあった人が合格し、目的にあわなければ、どんなにかわいくても、どんなに上手くても不合格になります。オーディションが求めているものをよく調べ、自分に合っている物を受けよう。オーディションに落ちれば当然くやしいです。「なんで落ちたんだろう」とへこみます。でもそんなに落ち込むことはありません。

テレビ局にとっていかに重要な問題であるかがよくわかるでしょう

演技できないと
あなたは「ダメだった」のでなく「おわなかった」だけです。オーディションには「映画の主演募集」「所属モデル募集」など目的が明記されています。「病気で死んでいく役」にガタイのいい体育会系は「あわない」ので選ばれないでしょう。「身長168センチメートル以上」のモデル募集には158センチメートルでは受かりません。監督の頭の中には「こんなイメージの娘がいい」と理想のタイプが描かれていて、理想に近い娘が合格するのです。