IoTこの評価はとても大事な要素

インターネット上で設計情報を共有することが容易になった

ロボットの製造·運用にかかるコ加えて、少しでも人件費が高くなればロボットに置き換える選択肢があるというのであれば、いことではありません。
人が安い賃金で働かされることも考えられます。
どちらにせよ、人間にとって良人間はどうすれば良いのでしょうか?
早い内に別の分野に転向するべきかというとそうではなく、「どうして自分の仕事が人工知能に置き換えられてしまうのか」
についてきちんと考え、人工知能にはできない立ち位置を確保するのが大切です。テクノロジーの持つ真の力や意味について深く考えるようになったAIとでもいうような群

ディープラーニングの圧勝

仕事の補佐がメインになる仕事は奪われる客や上司や担当者からいわゆる、「指示された業務を忠実にこなす」
タイプの仕事は人工知能に奪われやすくなります。
事務系-「事務処理」
「データ入力」
などの業務事務処理系の業務はその典型です。指定されたフォーマット通りに記入されているかを確認し、それをマニュアル通りのプロセスで処理するという作業に関しては人工知能が圧倒的に正確で早いです。今までの機械では柔軟性がなくて難しかった事務処理も、認識能力や判断能力が進化した人工知能であれば問題なくこなせるようになるでしょう。
例えば、少なくとも「不備がないかを確認する」ことが主になるような仕事は人工知能に奪われるリスクが極めて高いです。特徴抽出能力に優れたディープラーニングは「普通と違う何か」を認識するのが得意ですので、書類上の不備を見つけるのは簡単でしょう。


AIを活用しようという動きが広がっています
AIを活用しようという動きが広がっています

インターネットの登場による産業革命です

IoTと似たような概念は何度も提唱されてきましたもちろん、ある意味で融通の利かない頑固な事務員になるかもしれませんが仕事は正確です。
もし、事務処理やデータ入力の仕事を続けたいのであれば、融通の利かせた円滑なコミュニケーション能力などを売りにするのが良いかもしれません。作業の正確さや早さよリも、「この人がいると仕事がスムーズに進む」というイメージを抱いてもらうことが大切です。手間のいる作業は人工知能にやってもらい、人工知能とスタッフの間に立つような事務員を目指すと良いかもしれませんね。インターネット全盛の時代になっています接客系-「飲食店の接客」
「商店舗の接客」
「受付係」
などの業務接客の業務では、時に応対する客の要求に応じて臨機応変に対応する必要がありますが、これは最初から「裁量が限られている」業務です。
内で仕事をするためマニュアル化や経験学習が可能です。自身で学び成長する人工知能であれば十分に臨機応変な対応が可能でしょう。
店長や上司に許可されている範囲ただ、この場合の接客とは主に「レジ係」「受付係」「給仕係」などを指します。紛らわしいのですが、美容師や整体師などのサービスを提供する仕事は「サービス業」と分類するためここでは接客業から除外しています。

ロボット工学三原則とは-

また、クラブやキャバクラなどの店員による「接待」が行われるような業種もサービス業と考えます。「サービス業」に関しては人間であることが重要なため、人間に置き換わっていく可能性はやや低くなるでしょう。
もちろん、受付係や給仕係も人間の方が良いとされることもあります。どこに行けば良いのか分からない時に笑顔で受付をしてくれると安心しますし、口に入れるモノを同じ人間が持ってきてくれると料理にも人間味を感じます。人間を敢えて残そうとするケースは多いはずです。


AIがさらに優秀なくAD
AIがさらに優秀なくAD

人工知能と呼ばれる機械はじめ

しかし、仕事自体は人工知能を搭載したロボットにもできてしまうため、ファミレスやファーストフードのような手頃な価格で提供される店舗の業務や商品の陳列やレジ打ち等が週になる接客業は人工知能の進歩と共に立場が危うくなります。
接客業を続けたいのであれば接客のプロとしての自覚を持って仕事に励みましょう。
人工知能に真似できない貴重な立場を得ることができるはずです。
高いコミュニケーション能力と立ち居振る舞いでお客を安心させるような接客がでもし、きれば、助手系-「情報収集と整理」
「機材準備」
などの業務「00助手」
という職種は助手職ですし、助手の業務というと何の仕事がよく分かりませんが、事は助手職と考えられます。人工知能が導入され始めた2016年8月


テクノロジーの持つ真の力や意味について深く考えるようになった テクノロジーはこの宇宙のポジティブな力 コンピュータを皆で共有してもらい