モバイルデータ通信会社といえば代表的なものがいくつあるが、それによる違いは一体何なのか。

主に異なる点は、通信速度であるが、これにも種類があり高速通信エリア内におけるものと、高速通信エリア外におけるものとそれぞれ速度が異なっている。

また、高速通信エリアの範囲もモバイルデータ通信会社によってさまざまであり、違いがある。

高速通信エリアがかなり広めのものであったり、範囲がそこまで広くないものまで複数ある。

モバイルデータ通信会社の違いとは | モバイルWiFiルーターナビ
まず、通信速度の面の違いから見て行くと、高速通信エリア内外問わず、上りと下りで通信速度が異なるのが一般的である。

下りではスピードが速いと40Mbpsを超えるものもある。

同じように上りでは、20Mbpsにも達する。

ただ上り側はスピードにかなり差があるようで、20Mbpsは他を差し置いてかなり早い部類になっている。

ただし、高速通信エリア外では、高速通信エリア内と比べ、通信速度が4分の1以下と、著しく減少する。


高速通信エリアは、広ければ広いほど通信がスムーズにできて、あまりストレスを感じなくなるかもしれない。

首都などは特に高速通信エリアが発達しているのが特徴だ。

ここ最近、どのモバイルデータ通信会社も力を入れているようで、高速通信エリアの広範囲化、人口カバー率を上げる事を目指している。

一部の環境下では大幅に通信速度が落ちるかもしれないが、広範囲化は素早く連絡を取ったりする事が可能になるので、モバイルデータ通信会社の今後に期待したい。

Leave a Reply